ピル処方

最近では様々な種類のピルがあり、避妊を目的としたものだけではなく子宮内膜症、月経困難、月経周期の調整にも処方されるようになりました。 私たちが普段ピルと呼んでいる薬は、混合型経口避妊薬(COC=Combined Oral Contraceptive Pill)で、低用量ピルという呼び名が一般的です。

低用量ピルは合成プロゲストーゲン(黄体ホルモン)と合成エストロゲン(卵胞ホルモン)から作られており、卵巣で作られる女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンとほぼ同じ働きをします。体内のホルモン環境の変化により、卵の生育と排卵を促すホルモンの分泌が抑制されます。卵胞の発育と排卵が止まるため、妊娠を防ぐ作用があるのです。
また、服用を中止すれば3~4ヶ月以内に元の状態に戻ります。

ピルの効果

ピルは、女性の意思で妊娠をコントロールできる避妊法であり、正しく服用すれば、ほぼ100%の避妊効果が期待できます。

避妊効果以外にも副効用があり、例えば、月経痛の軽減、月経量の減少、月経不順の改善、PMS(月経前症候群)の緩和など、月経で悩む女性にとって強い味方でもあります。

また、ホルモンバランスが整うことで月経前のニキビや肌荒れが改善されたり、卵巣癌・子宮体癌・大腸癌などにかかるリスクが低下したりする効果も確認されています。

月経調整(月経移動)

旅行やイベントなどを生理に煩わされることなく楽しみたいという時には、ピルの服用で生理周期をずらすことができます。

生理を早める場合は生理が始まってから5日以内、遅らせる場合は生理予定日の5日前からピルを飲み始める必要があります。

料金表

料金(税別)
ピル初診(カウンセリング+ピル1シート) 4,000円
ピルを使い慣れていらっしゃる方でも、当院で最初にピルを処方するときに問診などを行わせていただきます。ご了承ください。
料金(税別)
ピル1シート 3,000円
ピル採血 5,000円
ピルがん検診 5,000円

定期的な血液検査や婦人科診察をお受けいただくようお勧めいたします。
人間ドッグや他院で行った血液検査・子宮頸がん検診の結果などをお持ちいただければ代用させていただきます。