HPV関連検査

HPV検査は、子宮頸がんを起こしやすいハイリスクのHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染しているかどうかをチェックする検査です。
細胞診と組み合わせることで、がんになる前の細胞の変化(前がん病変)をほぼ確実に見つけることができるようになります。

また、細胞診もHPV検査も異常がない場合は、3〜5年は子宮頸がんになる可能性はほとんどありませんので、大きな安心につながります。

30歳未満はHPVの感染率が高いものの、通常は本人の免疫力により排除されます。しかしハイリスクのHPVが子宮頸部の細胞に長くとどまった場合(持続感染)、子宮頸がんを発症することがあります。

この持続感染は30歳以上に多くみられるため、アメリカでは30歳以上の女性には細胞診とHPV検査の併用検診がすすめられています。日本でも一部の自治体で子宮頸がん検診にHPV検査を導入し、その有用性が確認されつつあります。

料金表

検査項目 料金(税別)
HPVリスク判定(HPV-DNA)
ハイリスクタイプへの感染の有無。
※子宮頸がん検査で「ASC-US」だった方は保険適応です。
5,000円
HPV型別判定(HPVジェノタイプ)
HPVハイリスク13タイプを含むどの型に感染があるかを検査。
※コルポスコピー下組織診で「CIN」だった方は保険適応です。
22,000円