コルポスコピー検査

コルポスコピー検査

子宮頸がん検診でひっかかってしまった。精密検査が必要らしいけどどこへかかればいいの?

コルポスコピー検査は、子宮の頸部をコルポスコピーという拡大鏡を使って観察する検査で、子宮頸癌検診で異常を指摘された方を中心に行われます。

コルポスコピーで観察の上、異常所見の部分を数mm大で試験切除を行い(狙い組織診)、顕微鏡で診断をつける病理検査が行われるのが、精密検査の一般的な流れです。

当院では、コルポスコピーによる検査に力を入れております。子宮頸部の異常は長期にわたる場合もございますので、気軽に相談できるかかりつけ医を目指しています。

コルポスコピー検査をご希望される方は、お持ちであれば紹介状、または検査結果をご持参ください。