子宮頸がん検査

子宮頸がんはヒトパピロマーウィルス(HPV)というウィルスの感染で発症することが知られています。子宮頸がんはHPV感染から発症まで数年とゆっくりなため、検診による早期発見が有効な疾患です。

子宮頸がん検診は細胞の形を評価する細胞診や、HPVの感染をチェックする方法などが用いられております。

当院では、新宿区・中野区がん検診を実施しております。
詳しくは「新宿区・中野区 区民検診のお知らせ」をご覧下さい。